岡山大学農学部森林生態学研究室に所属し研究と教育に携わっています。

現在は、生態系の物質循環における生物の役割について、主に3つのトピックについて共同研究者と取り組んでいます。


動物の食性

動物の食性の理解は博物学的な知識だけでなく、その動物の生態系の物質循環における役割を理解することにつながります。現在、日本やマレーシア、タイの森林の様々な動物、特に昆虫の食性を同位体分析などを通じて明らかにしようとしています。

DSC01304


消費者群集、分解者群集の機能形質の変化

近年、主に植物を対象として葉の厚さや窒素濃度などの機能形質に着目した研究が広く行われています。一方、消費者群集、分解者群集の機能形質については十分にわかっていません。現在、日本列島の森林を対象に消費者群集、分解者群集の群集構造や機能形質を主に同位体を用いて調べています。

P6130574


寒帯林の遷移に伴う物質循環の変化

これまで遷移の初期あるいは極相期の種組成や生態系プロセスの変化については広く研究されてきました。近年の研究では、大規模な撹乱がない場合、退行遷移と呼ばれる一次生産速度や分解速度などの生態系プロセスの速度の低下が生じることがわかってきました。現在、寒帯林の退行遷移に伴う窒素循環の変化や、植物が利用する窒素源の変化を同位体を用いて調べています。

IMGP0662