脂質

 

1.脂質の種類

脂質には有機溶媒にとけやすく、水にとけにくい種々のものが含まれる

中性脂肪、リン脂質、糖脂質、コレステロールなど。

2.脂質の働き

エネルギーの貯蔵型(中性脂肪=トリアシルグリセロール)

生体膜の成分(リン脂質、糖脂質、コレステロール)

ステロイドホルモン・胆汁酸の原料として大切(コレステロール)

3.脂肪酸

アルキル基とカルボキシル基からなる。

   アルキル基:疎水性、長い。C,Hからなる。

   カルボキシル基−COOH:親水性。OH基(水酸基)とエステル結合を形成。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

   二重結合:不飽和脂肪酸は二重結合をもつ。

   シスとトランス:生体内の不飽和脂肪酸ではほとんどがシス。

必須脂肪酸

   生体内で合成できず摂取することが必要な脂肪酸のこと。

   リノール酸、α―リノレン酸、アラキドン酸

4.中性脂肪

普通トリアシルグリセロールのことを指す。

トリアシルグリセロール(トリグリセリド)=グリセロール+脂肪酸3個

5.リン脂質

リン酸を含む脂質。生体膜の主要成分の1つ。

親水性の頭から、疎水性の2本の長い足が出た構造を持つ。

グリセロリン脂質とスフィンゴリン脂質がある。

グリセロリン脂質:

  グリセロールを含む。大部分ホスファチジルXと言う名前。

    ホスファチジルコリン、ホスファチジルエタノールアミン

ホスファチジルセリン、ホスファチジルイノシトール

  ホスファチジルX =ホスファチジン酸+X

*ホスファチジン酸 =(グリセロール+脂肪酸2個)+リン酸

   スフィンゴリン脂質:

     スフィンゴシンを含む。スフィンゴミエリンがある。

     スフィンゴミエリンは脳神経系に多い。

 

6.糖脂質

糖を含む脂質。ガングリオシド、セレブロシドなどがある。

親水性の頭から、疎水性の2本の長い足が出た構造を持つ。

7.コレステロール

ステロイドホルモン・胆汁酸の原料として大切

胆汁酸

肝臓で作られる。界面活性剤として作用。脂質の消化吸収に重要。

一次胆汁酸  → (腸内細菌) →  二次胆汁酸

コール酸               デオキシコール酸

ケノデオキシコール酸         リトコール酸

      グリココール酸とタウロコール酸

8.リポタンパク質

脂質(水に溶けない)+タンパク質=リポタンパク質(水に混和)

  血中リポタンパク質:

軽 キロミクロン:中性脂肪を運ぶ。                     

   ↓ LDL(low density lipoprotein):コレステロールを末梢へ運ぶ。

 重 HDL(high density lipoprotein):コレステロールを末梢から肝へ

 

 

 

 

 

ビリルビンと黄疸

1.赤血球の寿命は120日=毎日120分の1の赤血球が壊れる。ヘモグロビンはどうなる?

2.ヘモグロビン = グロビン(アミノ酸からなる部分で鎖4本)+ヘム(4個)

ヘム = ポルフィリン+鉄

  グロビンはアミノ酸に分解され再利用、鉄も再利用。

3.ポルフィリン→非抱合ビリルビン(間接)→血液中を肝臓に運ばれる。

非抱合ビリルビンは水に溶けない。血液中を血清アルブミンに結合して運ばれる。

4.非抱合ビリルビン→肝臓でグルクロン酸抱合→抱合ビリルビン(直接)→胆道系へ

抱合ビリルビンは水に溶ける。グルクロン酸が結合しているため。

5.血清ビリルビンの上昇=黄疸

6.赤血球の赤色→ビリルビンの黄色→糞便の色


核酸

1.核酸にはDNAとRNAとがある。

2.ヒトの遺伝子はDNAである。

3.核酸は、塩基と糖とリン酸からできている。

4.塩基には、プリン塩基とピリミジン塩基とがある。

プリン塩基:    アデニン(A)、グアニン(G)

ピリミジン塩基:シトシン(C),チミン(T)、ウラシル(U)

5.糖には、リボースとデオキシリボースとがある。

6.DNAとRNAでは、含まれる塩基と糖が異なる。

    糖        塩基

DNA デオキシリボース アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)

RNA リボース     アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)

7.ヌクレオシド=塩基+糖

8.ヌクレオチド=塩基+糖+リン酸

例)ATP=アデニン+リボース+リン酸3個

  ADP=アデニン+リボース+リン酸2個

9.DNA、RNAはポリヌクレオチドである。

 

        塩基    塩基    塩基    塩基    

        h     h     h     h    

・・・−リン酸−糖−リン酸−糖−リン酸−糖−リン酸−糖−リン酸−・・・・

 

10.塩基配列(塩基の並ぶ順序)を核酸(DNA,RNA)の一次構造という。

’末端と3’末端

11.DNAは、立体的には右巻きの2重らせん(double helix)構造をとる。

逆向きの2本の鎖。

2本の鎖の塩基の間の水素結合で安定化。

相補的塩基対:A−T,G−C

12.RNAには色々な種類がある。構造も様々。

mRNA(メッセンジャーRNA、伝令RNA)

tRNA(トランスファーRNA、転移RNA)

rRNA(リボソームRNA)

13.複製、転写、翻訳

 

HOME