『家族にも、友人にも聞けない、話せない。』『治療している病院の先生に言い出せない。』
『夫婦でなかなか話し合えない。』『自分でも自分の気持ちが整理できない。』、、、

このようなとき、ひとりで抱え込まないでください。男女問わずどなたでもご利用いただけます。

 

「不妊・不育とこころの相談室」は岡山大学大学院保健学研究科が岡山県の受託で行っています。
ご相談は、面談(予約制)・お電話・メール・FAXにて行っており、不妊カウンセラー、臨床心理士、助産師、医師が相談に対応いたします。

ご相談は無料です。匿名でも結構です。秘密は厳守いたします。お気軽にご相談ください。

お知らせ

  • 2017年12月9日(土)
    ママとたまごの会『第23回ママたま交流会』開催!

    流産や死産はつらい経験です。でも、周りにそれを理解してくれる方がいれば、そのつらさも変わるかもしれません。
    流産や死産を経験されたママ、今治療を受けているプレママ、
    これから治療をはじめるプレママが気楽に話をできる場として、
    『ママたま交流会』開催しております。
    初めての方もお気軽にご参加ください。(要予約)

    日 時:2017年12月9日(土)
        ①10:00~12:00 現在の気持ちを話してみたい方,妊娠をお考えの方など,
                  どなたでも.
        ②14:00~15:30 現在妊娠中の方・出産された方
    場 所:不妊・不育とこころの相談室(岡山大学病院 中央診療棟4階)
    参加費:無料
    申し込み締め切り:2017年12月4日(月)
    ※参加申し込み時に「ママとたまごの会」への入会手続きをお願いします。
     申し込みについてはこちら

    【研究へのご協力のお願い】
    「不育症女性の精神的支援 -ピア・カウンセリングの効果-」
    本研究は、不育症女性における、ピア・カウンセリング参加に関する効果について具体的に明らかにすることを目的としています.
    ご協力いただける場合、「ママとたまごの会」の参加前後に、自律神経活動の測定(5分程度)とアンケートのご記入をお願いいたします.詳しい説明は当日にさせていただきます.
    研究へのご協力は任意ですので,研究にご参加されない場合でも,ご遠慮なく,「ママとたまごの会」にご参加くださいますようお願いいたします。
    ご不明な点は、相談室事務局までお問い合わせください。
  • 『流死産で大切な子どもを亡くしたあなたと家族へ』
     パンフレットを作成いたしました
     パンフレットはこちら






  • 治験のご案内
    岡山大学病院では「原因不明の不育症患者」を対象とした
    人免疫グロブリン製剤の治験を実施中です。
    ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
    (期間は2018年9月まで)

    <お問い合わせ先>
    岡山大学病院 産婦人科外来
    TEL:086-235-7938  平日9:00-16:30