構造材料学研究室は金属材料を対象にその組織を制御することで要求される特性を創成する研究を中心に行っている。特に工学部の研究室のミッションとして、ものづくりに役に立つ基盤研究と応用研究を心掛けている。現在も10数件の研究テーマを企業ならびに公共機関のプロジェクトチームと共同で実行し、わが国の技術開発に 貢献することに注力するとともに、学生に実社会で要求されている研究・技術開発を体験させ、産学連携の工学教育の場としても活用させて頂いている。

研究活動と学生の育成では「百聞は一見にしかず」で自ら現象を観察することを特に重視している。幸い、最新鋭の電顕システム(FE-TEM+EDS+EELS、FIB、FE-SEM+EBSPなど)を用いることができる環境にあり、材料のミクロ・ナノの世界を探索することで、新たな発想を創出し、創造的な研究開発を推進している。また、観察された現象のメカニズムを考察し、それをモデル化することにも注力している。

このページの先頭へ