Topics

HOME | Topics

私たちの理念

『こころ』を大切にしています。
「心は行動となり,行動は習癖を生む 習癖は品性をつくり,品性は運命を決する」と,医局旅行で訪れた京都の大仙院で学びました。
この気持ちでもって,学問の府である岡山大学で,教育・研究・臨床を通して社会に貢献します。

 

歯学部棟改修1期工事完了

研究室は歯学部棟の7階へ戻りました!

2020年12月から仮移転中でしたが,2022年3月4日に歯学部棟へ戻りました。 建物への入り口は,大学病院と連結している西側1階に変更されています。
今後は,2022年の秋から改修第2期工事が開始されます。

 
 
 

歯科棟改修工事

診療室は未だに仮移転中

2021年2月から,仮移転中です。 歯科・歯周科部門は,大学病院の中央診療棟2階にある「歯科診療室232」で,診療チェアーを10台から6台に縮小して診療中です。 2022年8月には,歯科棟へ戻る予定です。

 
 
 

「エクソソームによる侵襲性歯周炎患者の病態解析に関する研究」へ
ご協力のお願い

  • この研究にご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
  • また,あなたの試料・情報が研究に使用されることについてご了承いただけない場合には研究対象としませんので,令和7(2025)年3月31日までの間に下記の連絡先までお申出ください。
  • この場合も診療など病院サービスにおいて患者の皆様に不利益が生じることはありません。
  • <問い合わせ・連絡先>
    岡山大学学術研究院医歯薬学域 歯周病態学分野 准教授
    氏名:山本直史
    電話:086-235-6677  平日(月曜〜金曜:9時00分~17時00分)
    ファックス:086-235-6679
(研1706-039)
 

QUALITY

/ 私たちの強み

教育・研究成果

元大学院生のNizami先生が,歯科系総合国際誌の最高峰であるJournal of Dental Researchに2020年に掲載した論文(学位論文)で,2021 IADR/AADR William J. Gies Awardsを,生体材料/生物工学部門で受賞しました。
本サイトの「お知らせ」に掲載したNews(Google Blogger)から,詳細をご覧ください。 さらに,公式発表の様子はYouTubeで視聴できます(7'07" - 7'21"くらいのところです)。

 

臨床成果を地域に還元

歯周病態学分野で大学院を修了し,歯周科/歯科・歯周科部門で研修した人材は,歯科医院だけではなく,岡山県内はもちろん愛媛県,香川県,広島県,鳥取県,そして兵庫県など近隣地域の中核的病院(国公私立問わず)で常勤歯科医師として活躍しています。 
特に,国立ハンセン病療養所(全国に13ヵ所)のうち,1985年の国立療養所邑久光明園に始まり2021年の国立駿河療養所に至るまで,北は群馬県から南は沖縄県までの6ヵ所(地図中の赤枠)で活躍しています。