相談窓口

総合患者支援センターでの相談

医療・看護・福祉相談

月〜金 原則として午前8時30分〜午後5時 相談室
できるだけ予約をとってお越し下さい。(お急ぎの場合はこの限りではありません)
予約なしで来られる場合には、午後4時までにおいで下さい。
電話 086−235−7744
E-mail sienc@hp.okayama-u.ac.jp
治療が不安。医療費や生活費が心配。自宅での療養の仕方や介護の方法を知りたい。退院後の生活が心配。福祉の制度が知りたい。 こんな時ご相談下さい。

がん相談

総合患者支援センターは、がん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」の窓口となっています。
平成18年10月に設立された「腫瘍センター」と連携して、がんの診療についての相談を行います。
相談内容は、以下の通りです。

§主として総合患者支援センターで対応する内容(→TEL 086-235-7744)
 ・がん診療についての費用の相談
 ・福祉制度についての相談
 ・がんの発症や経過に伴う心理的な問題についての相談(必要に応じて心理専門職員がご相談に応じます)
§主として腫瘍センターで対応する内容 (→TEL 086-235-6968)【相談時間は14時から17時です】
 ・ご自身やご家族が治療を受けているがんの診断や治療についての相談

他の医療機関(がん診療連携拠点病院)のがん相談支援センターについての情報は、「がん相談支援センター」をご覧下さい。

詳しくはこちら

各診療科等での相談

(情報収集中)

詳しくはこちら

支援センター関連の専門相談

口腔衛生ケア相談

診療時間内(午前9時から午後4時まで)は随時受け付けますので、センターまでお電話下さい(086−235−7744)。担当者へ電話を転送いたします。
歯科外来の看護師が入院・外来患者の皆様のお口の相談にのります。

摂食・嚥下相談

毎週月曜日 午後2時〜4時 摂食・嚥下リハビリテーション診療室(歯科外来棟1階)
要予約(086−235−7744) 無料。直接おいでになっても結構です。
口から食べ物がこぼれる、食事中にむせる、口の中に食べ物が残る、などの飲み込みや食べ方の心配ごと・ご相談に、専門の歯科医師がお答えします。

歯科・口腔衛生セミナー

これまでのセミナーの模様は、患者図書室のビデオでご覧いただけます。
第1回 「高齢者の口腔ケア」 ―補綴科の立場から― 丸尾幸憲先生(補綴科)
第2回 「母と子の健康歯学」 ―輝く子供の歯を守ろう― 松村誠士先生(行動小児歯科)
第3回 「口腔乾燥」 目瀬 浩先生(口腔外科病態系)
第4回 「むし歯のはなし」 土居潤一先生(むし歯科)

妊産婦への口腔衛生セミナー

毎月第2金曜日 午後3時から4時 中央診療棟4階 母親学級室2号 直接おいで下さい。

母乳育児相談

毎週金曜日 午後2時〜4時 総合患者支援センタ−内 母乳育児相談室


電話(大井伸子研究室 086-235-6848)で予約お願いします。
母乳育児支援のために、保健学研究科の専門家が母乳育児相談やおっぱいケアを行います。どうぞお気軽にご相談下さい。
上記電話がつながらない場合は、センター 086-235-7744 までお電話下さい。

痛みの相談室(ペイン・クリニック)

毎週木曜日 午後3時から5時 総合患者支援センタ−内相談室
疼痛看護学の専門家(保健学研究科 深井喜代子)が、からだの痛みでお悩みの方,とくに痛みのために生活不都合を感じておられる方のご相談をお受けします。事前に総合患者支援センター(086-235-7744)へ予約をお願いします。
当相談室は麻酔科ペインセンターとも連携して活動を行っています。
なお,開室時間以外の緊急時に限り電話でのご相談にも応じます(086-235-6855)。

病気の子どもの子育て相談室

毎週木曜日 午後1時から3時 総合患者支援センタ−内第2相談室
入院中および退院後のお子様の療養上の支援
他、子育てに関するよろず相談を承ります
上記の時間帯以外の場合はお電話をして下さい(086-235-6868:成育看護学;猪下 光)

詳しくはこちら